社長挨拶

モノづくりのベストパートナーを目指して

工業地域として国内有数規模を誇る水島コンビナートが60周年を迎えました。

日本経済が戦後復興から高度経済成長へと向かう中、水島は鉄や石油製品、化学品といった良質の素材を全国に供給。70年代の2度にわたる石油危機や80年代の円高不況、90年代のバブル崩壊、2000年代のリーマンショックをはじめ、幾多の試練を乗り越えてきました。

当社は、1954年に水島で創業し、水島コンビナートと共に歩んできました。創業より60数余年、鋼材・産業機器・エ具の販売を通じ、「より多くのお客様に喜ばれる」「よりよい商品と情報を」「より早く正確に供給、提案すること」を経営理念とし、常に「モノづくりのベストパートナー」として地域産業と共に成長し、「モノづくり」の様々なニーズにお応えしてまいりました。

今後さらにご要望にお応えすべく当社が目指すべきこと…。それは「地域で一番の会社を目指すこと」です。地域で一番とは、売上や社員等の規模ではなく、経営の品質にこだわり、地域で一番顧客満足度が高く、社会貢献度・社員満足度の高い会社です。

お客様に信頼され評価いただく為には、どんな小さな問題も見逃さない一分の隙もないサービス、ご企業各社様•お客様各人のニーズに合った情報提供を心掛け、常によりよいものを提案していくことが重要になります。

お客様がプロである以上、全社員がプロ、取扱商品もプロ向けでなくてはならない
すべてにおいてプロフェッショナルの集団。それがシマダオールの目標であり使命であると考えております。

「Run Ahead」を経営目標に掲げ、常に上を目指し、前進を続ける企業でありたい。そして創業の地である「水島」に貢献できるように社員一同、日々精進しています。